* ラベンダーの育て方 *

今日は、ラベンダーの摘み取りをしました。
この時期に、花を切ると秋にも咲きます。
まだツボミなら是非ドライフラワーをお試しください。


摘み取り前のラベンダー
画像



この当たりでカットしました。
画像



カット後のラベンダー。枯れた葉は取ってください
画像



摘み取ったラベンダーは切花として飾りました。
画像


ラベンダーのポイント
 梅雨の時期、蒸れに気をつける。
 夏の暑さに弱い。
 肥料の与えすぎに気をつける。
 水は、与えすぎないように。
 

【日当たり】
夏以外・・・日光に充分当てるようにします。
夏・・・・・・ 風通しの良い場所で、暑い場所は避けます。
冬・・・・・・ 0℃以上戸外でも大丈夫

【肥 料】
   与えすぎはあまりよくない
   4月と9月に固形肥料を与える

【水やり】
   土の表面が乾いてから与えるように
  (乾燥を好む植物で、水をやりすぎると枯れてしまいます)


【剪定】
花が咲いたら(初夏)・・・茎の元から切ると秋にまた咲きます。
ドライフラワーにする場合は・・・つぼみの状態で干すとキレイ。 
                   朝摘み取りがよりそうです。
秋の終わり・・・
     古木(茶の茎)から2cmくらい上の緑の茎当たりで切って
     冬越しすると形の良いラベンダーが咲くそうです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック