* 六義園の枝垂桜 *

今年のお花見はコロナの影響で自粛

でも、まだこんなに自粛ムードが高まっていない3月25日
通院のため1日お休みしたので
ちょっとだけ足をのばして見に行きたかったのが六義園(りくぎえん)の枝垂桜です。


20200325rikugi2.jpg

六義園の枝垂桜は「エドヒガン」という品種の桜で
枝が柔らかいため垂れながら成長していく桜だそうで
「染井吉野」よりも少し早く、お彼岸の頃に咲くようですが
4月に入って咲く年もあるそうです。

樹齢は70年程度で高さ約15m 幅は約20mもあります。

20200325rikugi5.jpg

六義園は、徳川5代将軍綱吉の側用人・柳沢吉保の下屋敷だったそうです。
「六義園」という名は、紀貫之が『古今和歌集』に書いた「六義」(むくさ)からきているそうですよ。
20200325rikugi4.jpg
明治の初めに三菱財閥創業者の岩崎弥太郎が六義園を購入したとの事。
六義園の近くにはバラの庭園で有名な
旧古河庭園もあるのでこの辺りを散策するにはおススメです。
しかも、2か所共通入園券があるのでちょっとお得ですよ。
rikugi1.jpg
今回は、病院に行く途中だったので午前中行ったのですが
通年ならライトアップする夜がおすすめ
20200325rikugi7.jpg

残念ながら今年は新型コロナウイルス感染の拡大防止のため、5月6日まで臨時休園との事ですっ
(4月15日現在)

20200325rikugi3.jpg


何年か前に、暮れる頃訪れた時の写真をアップします。
rikugi2.jpg

rikugi3.jpg

rikugi4.jpg

来年こそ、お花見が楽しめますよーに
rikugi.jpg


この記事へのコメント